スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

松尾鉱山 

41940303_1235863885_127large.jpg
廃墟好きなら誰でも知ってるあの有名な松尾鉱山行ってきました

41940303_1235863887_244large.jpg
写真は以前5月に訪れたときの
雪で行けなかったのでリベンジ




少し車を奧に進めると
41940303_1245306151_104large.jpg

41940303_1245306150_66large.jpg

41940303_1245306147_152large.jpg

41940303_1245306144_176large.jpg

41940303_1245306220_131large.jpg

41940303_1245306214_144large.jpg

41940303_1245306138_146large.jpg
そこは幻想郷でした



灰色と緑の作り出す
非日常的な空間



41940303_1245306228_110large.jpg

41940303_1245306234_70large.jpg




41940303_1245306134_96large.jpg
松尾鉱山のシンボルともいえる2本の煙突も見ることができた



美しすぎて
ひたすら写真を撮ってた



ここまで来たら廃墟に潜入したくなるもの
念のため武器として折りたたみ傘を持ちいざアパートへ…の前にまずはこの茂み?草?を抜けなければたどり着けないわけですが…
恐怖より興奮の方が大きかったから自分より背丈のある草を掻き分けて行った
雨あがりで足元も悪く草も濡れてたから全身びしょびしょになった



道がなかったからアパートの方向に目指していった感じだった
なんとかアパートの目の前までたどり着いたけど周りにブンブンブンブンすごい音
何かと思ったらスズメバチの大群…
焦って折りたたみ傘を振り回したら大群で追ってきた
アパートの目の前まできて写真を撮れないなんて…!!という考えよりも早くここから逃げないと
来た道を戻ろうとしたけど道がなかったからこっちでいいんだっけ?ほんと焦った
なんとか車にはたどり着いたけど驚くことに奴らはずっと追ってきてた
車が黒っぽかったせいか他の種類の蜂が既に何匹かまとわりついていて車にも入れない
まぁ全身びしょびしょだったから車にも入れてもらえなかったけど



車とは松尾鉱山の入り口で待ち合わせることにした(車にまとわりつく蜂達を振り払うため)
私は蜂の大群から逃げるため入り口まで走った
初めて蜂が威嚇によってカチカチ歯を鳴らす音を聞いた



入り口まできたけどまだ4匹ほど蜂がまとわりついていた
ドライバーがイライラしていたのでタイミングを計って車に乗り込んだ
窓ガラスにはたくさんの干からびた白い液……蜂の毒
夏の松尾鉱山はおすすめしない
スポンサーサイト

category: 東北

プロフィール

はじめに

最新記事

カテゴリ

カウンター

メールフォーム

ランキング参加中

Twitter

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。